1人で確定申告!自分でチャットレディ青色する準備しよう

今までは確定申告の書類を準備するまでに整えておきたいことを紹介しました。

 

チャットレディで認められる経費一覧と領収書の保管の簡単な方法

【現役チャットレディ】自分で青色確定申告のやり方を1から丁寧に

やよい申告ソフトを使った初めてのチャトレ青色申告のやり方

 

この次からは実際に書類作成についてお話していきますね。

まずは、この記事からみたあなたのために振り返ってみます。

大丈夫だよ~というあなたは2つ目の見出しから読んでくださいね。

 

復習:確定申告の書類をそろえる前にやるべき2つのこと

第2回は始めにやっておくと後から楽になる経費の整理の仕方でした。

「青色申告の始め方ってどういうこと?」

そう思った方もいらっしゃると思います。

 

 

今回はその疑問を解消するための説明です。

青色申告をする際は、専業または副業の関係なしに税務署に2種類の書類を提出する必要があります。

これを知って面倒くさい!と思ったかもしれません。

 

 

でも実は、2種類の書類はとても簡単なもので提出するときにいろいろ聞かれるわけでもありません。

私も直接税務署に行って提出しましたが、あまりのあっけなさに驚いたほどです。

 

 

青色申告は、特別な所得、「事業所得」「不動産所得」「山林所得」のどれかの所得がある人がおこなう申告です。

チャットレディやテレフォンレディの場合は「事業所得」になります。

青色申告をする人は個人事業主と呼ばれている個人です。

チャットレディの青色申告!開業届けをネットで準備して申告に備える

 

 

「フリーランスで働いている。」から青色申告できる、「会社員だから青色申告できない。」というくくりではなくて「事業所得」「不動産所得」「山林所得」のどれかの所得を得ていると青色申告の対象者になります。

 

もちろん、所得を得ている金額にもよりますが、チャットレディの場合には

○専業(扶養に入っている主婦も含む)ー年間38万円以上

●副業ー年間20万円以上

 

これらの収入を得ていれば、確定申告の必要が出てきます。

ちなみに経費を差し引いた額です。

 

自分で青色申告する場合はソフトは必須

青色申告に必要な書類を自分自身で作成しようとするのは、無理があります。

中には簿記の知識を持っている人もたくさんいますから、その場合には自分自身で作成してもいいと思います。

 

 

しかしどんなソフトを使えばいいのかわからない…そこで私の同級生で数年前から青色申告している女性や税理士さんの有料相談を使ってチャットレディやテレフォンレディの確定申告に最適なソフトを見つけました。

 

やよいの青色申告です。

 

青色申告と言えばやよいというくらい業界NO.1の座にいるのがやよいです。

他にフリーのソフトはありますが、知識を持ち合わせていない上に時間もかけれませんから、ここは専門家が勧めることでやっていったほうが良いと判断しました。

 

このやよいの青色申告ですが、次の2つに分けられます。

  1. ソフトをパソコンにインストールする場合
  2. インターネット上で作業する場合

 

 

結論から言うと私たちは1のパソコンにインストールする方法を選びました。

 

比較と理由を次でお話しますね。

 

 

やよいの青色申告:インストール版とインターネット版について

表で比較してみましたので見てください。

インストール版 インターネット版
料金 セルフプラン=12,960円/年
ベーシックプラン=12,960円/年
トータルプラン=21,600円/年
セルフプラン=8,640円/年
初年度無料
ベーシックプラン=12,960円/年
初年度6,480円/年
対応OS Windows Windows、Mac
他の端末利用 合計2台のPCにインストール可能 ネット環境があれば利用可能
スマホ利用
データ保存

PC、インターネット上に保存

インターネット上に保存

料金の比較

インストール版はサポートなしのセルフプランとメールや電話のサポートありのベーシックプランが同じ12,960円/年です。経費の仕分けなどの手厚いサポートがついたトータルプランは21,600円/年と一番高額です。

 

インターネット版は、キャンペーン価格として、サポートなしのセルフプランが初年度無料。メールや電話によるサポートがついたベーシックプランが初年度6,480円です。

 

2年目以降は通常価格に戻るので、価格に大差ないように見えるのですが、実は2年目以降もインターネット版の方がだいぶ安いです。

 

私たち女子組ではインストール版のベーシックプランに加入します。

 

 

他端末利用とデータ保存の比較

インストール版はパソコン2台までインストール可能インターネット版はインターネット環境があればどこでも利用できるという利便性です。

 

ですので、インターネット版はスマホだけでも入力可能になります。パソコンを使用できない場合にはかなり便利ですよね。ただし、暗証番号の管理には注意しないといけないです。

 

データ保存に関してはインストール版は自分自身のパソコンとインターネット上に保存することができます。

一方、インターネット版はインターネット上にしか保存できませんので解約したらデータは消えてしまいます。

 

 

インストール版を選んだ理由

インストール版とインターネット版は仕組みは違いますが、料金やどこでも使えて、スマホでも入力できる利便性を考えるとインターネット版がお得ですよね。

 

しかし、私の同級生や税理士さんに聞いてからこそ判断できたのですが、インストール版のベーシックプランを1年間だけ契約という方法を取ることにしました。

 

理由は次の通りです。

  • 1年目は税務署にそのまま提出できる確定申告書Bなどが自動作成される。
  • 2年目以降は必要なデータを入力して、提出書類は税務署で作成すれば良い。
  • 自分自身のパソコンにデータを保存できるのでほぼ永久に使える。

 

インストール版でしたら最初の1年間だけ12,960円を支払えばずーっと使えます。

 

2年目以降は税務署に行って作成は面倒だと思うかもしれませんが、税務署じゃなくても自治体の無料相談などでも大丈夫です。徐々に慣れてきます。

 

 

または収入が増えれば、税理士さんを雇うこともできますしね。そのほうが断然楽ですし。

 

インターネット版は解約するとデータが全て無くなることのデメリットが大きいと考えたからです。しかもインターネット版とインストール版の互換性がないこともマイナス点です。

 

 

ただし、スマホでしか作業できないという方もいらしゃると思います。その場合はインターネット版のサポートありのベーシックプランに初年度だけ6,480円を支払って様子を見るのが良いです。

 

チャットレディの確定申告始め方メニュー

【要確認】チャットレディの副業がバレるのはこんな時

チャットレディで認められる経費一覧と領収書の保管の簡単な方法

チャットレディの青色申告!開業届けをネットで準備して申告に備える

【現役チャットレディ】自分で青色確定申告のやり方を1から丁寧に

一人で確定申告をする時は事前準備を完璧に!

【画像付き】実際にチャトレの青色申告をやよいソフトを使ってやってみる

【画像付き】実際にチャトレの青色申告をやよい申告で実践2

チャットレディが自分で確定申告する時のメリット、デメリット

チャットレディの確定申告始め方メニュー