今回は読者さんからの質問に答えます!

「本業が再開してメルレの稼働時間が少なくなってしまった。」とお困りやったようで、会社員を辞めてしまってメルレを本業にすべきか悩んでるそう。

 

どっちも自分の時間を駆使してお金に変えるビジネスモデルなので(だいたいそう)この選択肢で悩む人が多いんじゃないかな。

 

という事で、私の動画での解説や無料サロン「ビジレデ」に参加してる方のご意見をどうぞ!

 

私会社員経験ないんですよね><

なので、無料サロン【ビジレデ】に参加してるメンバーの良いアドバイスも頂いたので、ここに掲載させて頂きます。

 

私は会社勤めしながら、副業でメルレと小説家しております。
なので、少しだけですが、『私の』場合のお話しなのですが。

 

会社に勤めて会社員としてやる上でのメリットは、よっしぃさんが仰る通りだと思います。

会社が社員の最低限の生活を守ってくれているので、コロナで休業となったとしても、ある程度の保証や手当てがあるはずです。

 

この部分が大きいので、私はどれだけ稼げる可能性があっても、本業=会社員を辞めるという覚悟は持てません。

 

なぜなら、私には守りたい家族がいるからです。

それをふまえて、本業は辞めない。

本業でのやる気なんて、なくてもいいと思っています。やることを最低限やり、決まった給料をもらう。
+アルファで、ボーナスまである。

もらったもん勝ち。と思って、私は本業に行きながら、副業をしております。

 

よっしぃさんのお話しにつけ加えるのでれば、年金のお話しです。

会社員は、厚生年金に加入するため、国民年金と厚生年金の付与が将来的に約束されます。

 

私が質問者さんに問いたいのは、未来を見据えて仕事をメルレ専業に出来るか?と言うことです。

40になっても、50になっても、60になっても、メルレの前線で今と同じモチベーションで稼げますか?

専業にするということは、近い未来を見据えて覚悟を決めるのではなく、10年後20年後を見据えて、覚悟をしなければいけないと思っています。

(これはおそらく、私が親になったから余計に感じるのかもしれません。)

 

メルレ以外にも稼ぐための何かを準備しながら、いつかはメルレ無しでも、未来が明るくなる生活準備が出来る!と確信した時に、辞める選択肢を手に取った方が、焦ることなく毎日を送れると思います。

Aさんありがとうございます!(^^)!

 

もう1人。

 

私は結婚前までは勤め人してました。出産後、社会復帰希望でしたが、保育園に入れないところでつまづいて、そのままメルレとフリーの仕事をしています。

私がこの方の立場だったら、どうするかしら?
と、ちょっと考えてみました。

 

よっしぃさんやAさんがおっしゃっているように、会社員のメリットは、保証につきると思います。
健康保険に年金はもちろん、場合によっては金融機関に預けるよりもよい金利で財形貯蓄が利用できたりもしますよね。

 

仮に会社を万が一解雇されても、すぐに雇用保険が出ますし、希望すれば雇用保険を受け取りながら、職業訓練を受けることだって、できます(自己都合退職の場合、3ヶ月位は雇用保険が受け取れないはず)。

 

うつ病なのに休職させてもらえないとか、副業禁止なのにメルレがばれたとか、メンタルが脅かされてるのでなければ、そんなに急いで会社員を辞めなくてもと思います。

 

ただ質問者さんは、「会社員+メルレだと、メルレだけの稼働より収入を増やせない」ということをお悩みのようなので、会社員を辞める以外の他の方法でを目指すのはありだと思いました。

 

もし、よっしぃさんが動画で話されていた1日の金額を達成できるのであれば、開業届を出してしまいます。

 

そして、年末調整は会社でしてもらい、それとは別に事業所得としてメルレの収入を毎年青色申告(控除65万円の方で)します。

 

会社の給与には給与所得控除(給与額にもよるけどメルレの方が稼げちゃうレベルだったら55万円かな)があるので、それだけで実際の収入から120万円引いた金額に対して、税金がかかるのでかなり税金の戻りがあるのではないかと。

 

極端なはなし、青色申告ならば、さらにそこからメルレにかかる経費(スマホ本体や通信費)も計上できるから、所得税と住民税を0円も不可能ではない→きつい思いして、会社員とメルレの両方を頑張らなくても、トータルの収入は増やせると思うんですよね。

Mさん、ありがとうございました!(^^)!

 

そして届いた質問者さんの返答としては

 

よっしぃさんの動画を拝聴して

生活に流されて目の前の事しか見えていなかった事に気付かされました!
その先のことを忘れてしまっていました。

 

との事。

 

良い方向に向かいますように☆