チャットレディの副業の確定申告で経費計上できるものから節税の話

今回はチャットレディの確定申告「準備編」として「経費」についてお話していきますよ〜!

自分でやるにしろ、税理士さんに頼むにしろ、経費をしっかり計上していかないといけないので避けて通れません。

 

また、チャットレディのお仕事で必要だった経費を整理して確認することは、申告する収入から差し引いて納める税金をなるべく少なくするためにとても大切です。

経費がいくらかかったかをまず調べないと確定申告の書類を作ることができませんので、始めに経費の整理をしましょうね。

チャットレディのお仕事で必要な経費の領収書やレシートを集める

チャットレディのお仕事をするにあたり購入した物などは経費として計上する事ができます。
購入の際には領収書・レシートをもらい、きちんと証明できるようにしておきましょう。

 

しかし、カードで購入したものや、在宅でお仕事している場合のプロバイダ料金は引き落としで領収書やレシートがない場合があります。その時にはカードの利用明細や引き落とされた通帳のコピーで大丈夫です。

 

チャトレっ子

翌年からチャットレディ専用の口座とクレジットカードを持っておく事をおすすめしますッ☆

 

チャットレディのお仕事で購入する物の例

ではチャットレディのお仕事で購入するものはどんな物があるのか、経費として認められる可能性の高い例は以下のような物です。

 

  • WEBカメラ
  • ヘッドセット
  • パソコン
  • チャット用の照明器具
  • プロバイダ料金などの通信費
  • チャットで着用するコスプレ代や化粧品代

例えば、通勤の場合ですと事務所で借りることもできますので、上記のような経費はほぼかかりません。

逆に在宅ですと、他に光熱費や家賃などが経費として計上できたりもします。

 

しかしパソコンやプロバイダ料金、光熱費や家賃は100%計上できるわけではありません。チャットレディ専用でしたら計上できるのですが、生活の部分と共用であれば、按分(あんぶん)と言って何割かを計上できます。

 

「4部屋ある自宅の1部屋だけチャットレディのお仕事に使っている場合は家賃の1/4計上できる」ざっくりですがこんな感じで計上します。

 

按分の割合は判断が難しいところがありますので、税務署に電話するまたは、直接出かけて、「自宅でホームページを作成しているのですが、パソコンやインターネット、光熱費や家賃の経費はどのように計算したらいいですか。」と聞いてみると良いですね^^

 

「自宅でホームページ作成」としましたが、言える場合は「チャットレディ」でもいいかもしれません。

私自身の感覚からすると「チャットレディ」を知らない男性もいます。特に税務署の職員さんはわからないかもしれません^^;

 

高額な物の経費

例えば、パソコン。

安いパソコンもありますが、10万円以上のものもありますよね。

10万円以上ですと、資産価値があるとみなされるので減価償却といって複数年に渡って経費として計上できるようになります。

 

しかもパソコンの法定耐用年数は4年ですので、4年前より後に購入したパソコンでも経費になります♪

 

例えば、16万円のパソコンでしたら、16(万円)÷4(年)=4(万円)

毎年4万円ずつ経費として計上できるということです。

 

一括で買った場合でも経費は分割にされるんですね。

 

もし、4年前に買ったパソコンで今年からチャットレディをしています!という場合は、今年だけ4万円を経費として計上し、おしまいということになります。

 

ただし、パソコンもチャットレディ以外のことに使っているのであれば、按分の計算をしなくてはいけませんので、気をつけてくださいね!

 

以前に購入した物の経費

10万円以上のものは法定耐用年数内であれば、経費として計上できることはわかりましたか?

 

では、10万円もしないけれどもチャットレディを始める前に購入して使っているものは経費として認められるのかというとレシートや領収書があれば大丈夫です。

 

私はテレフォンレディに登録する前に会話術関係の本を購入しましたが、実際に使って役にたっていますし、レシートがありますので経費にします!

 

経費の領収書やレシートの超簡単!整理法

まずは、経費の領収書やレシートを集めてくださいね。

なくしてしまった場合は計上できませんのでご注意を!

 

カード払いや口座引き落としは明細や通帳のコピーを用意しましょう。

いろいろな大きさの紙が溜まってきますよね。整理が大変です。しかも7年くらいは保管しておかなければいけません。
ということで、私がしている超簡単!整理法を紹介します。

 

大きい封筒に年と月を記入してその月にかかった経費の領収書類を入れるだけです♪

 

よく、領収書類はノートに貼って~などと聞きますが、結構時間がかかります(^_^;)

 

でも、封筒にサッと入れるだけなら手間がかかりません。月ごとに入れておけば項目ごとなどに分けなくとも領収書やレシートを見ればわかります。

 

実は領収書類は確定申告時に提出の必要がないので、封筒にぽい!だけで大丈夫なのです。

 

何年かに一度は調査が入るそうですので(私は調査の経験はないのですが)その時に経費の証明として領収書類の提示が求められます。

見やすいか見やすくないかという違いだけですので、忙しい日々、そのことに時間を割く必要はないと思うのです。

 

調査に来る職員さんには少々見づらくてごめんなさいなのですが、私は7年間まだ一度も調査がなく、始めはノートに貼っていましたが手間でしたので止めました。

 

チャットレディの報酬の証明は?

最後は経費ではなくて、報酬の証明についてです。

 

報酬が手渡しの場合は、一緒にもしくはまとめて明細書も頂けると思いますので保管しておきましょう。

 

銀行振込の場合は通帳をコピーしましょう。他の用途の通帳と同じでしたら数ページコピーする必要がありますが、報酬受け取り専用の通帳でしたら、1ページコピーで済みますね。

 

先程紹介した袋にクリップでも内側につけて一緒に保管してもいいと思いますよ。

 
チャットレディの確定申告始め方メニュー

【要確認】チャットレディの副業がバレるのはこんな時

チャットレディで認められる経費一覧と領収書の保管の簡単な方法

チャットレディの青色申告!開業届けをネットで準備して申告に備える

【現役チャットレディ】自分で青色確定申告のやり方を1から丁寧に

一人で確定申告をする時は事前準備を完璧に!

【画像付き】実際にチャトレの青色申告をやよいソフトを使ってやってみる

【画像付き】実際にチャトレの青色申告をやよい申告で実践2

チャットレディが自分で確定申告する時のメリット、デメリット

チャットレディの確定申告始め方メニュー